CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
第39回広畑臨床漢方研究会
広畑臨床漢方研究会


さて院内の漢方好きと近隣の先生方が集まって、漢方薬についての講義や症例検討を行おうと言う集まりです。年3回のペースで行って、第1回から数えて今回で39回になります。私も漢方の総論から始まって、各論とシリーズで講義をしてきました。なぜか整形外科医が風邪の治し方の解説をすると言う奇妙な風景もありました。今回で8回目くらいになり、教材に師匠の執筆した本を用いてやってきました。


 私の師匠は松本克彦先生で私が大学院生であった当時、外来に押し掛けて師事した経緯です。師匠は一貫堂の流れで、瀉して治すのが得意でした。師匠も元は外科医ですので「補」より「瀉」の切れ味を好みましたし、それを見ている整形外科医の私もすっきりしました。ただ「瀉」して後に「補」す、愛情も忘れていない暖かい先生です。


 さて今回の講義はまさに一貫堂が得意とする瀉方のところ。荊芥連翹湯、柴胡清肝湯、竜胆瀉肝湯という最強の清熱剤(炎症を抑える薬)の解説でした。

 

第39回広畑漢方研究会_1


今回は4月と言うこともあり新任の先生も興味本位で覗いてくれたこともあり、聴衆も多く活気にあふれていました。学生講義に東洋医学が取り入れられたようですが、まだまだ臨床の場で使いこなすには不十分です。興味はあるけどどうやって使っていいかわからない人は是非覗いてみてください。少しでも多くの人が東洋医学に興味を持ってくれて正しく使える様になることを願っています。

第39回広畑漢方研究会_2


| 漢方 | 19:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
緊急告知−2
K-Sさんコメントありがとうございます。

やはりお年寄りの家に行くと湿布は山積みになってたりするんですね。
膝が悪くてかかっているおばあちゃんが湿布を大量に持って帰るのですが、どうやってもって帰るんだろうと思うこともあります。
本当に使ってるんだろうか?まわりに配ってたりするんだろうか?と疑いたくなるような・・・

湿布はまわりに配っても害はないのですが、漢方薬はそうはいきません。
使い方を間違えると、副作用も出ます。その人にあわせて処方していますので、別の人に効くとは限りません。
それが漢方薬の難しいところでもあり、面白いところでもあります。
そしてそれがずっと効く訳ではなく、症状や体質は変化するもので、その都度処方をかえる必要があります。
それが漢方薬のさらに難しいところでもあり面白いところでもあります。
例えば多くのリウマチ患者さんを外来で見ていますが、現在使える西洋薬は増えてきたとは言え限られています。
しかし私がリウマチ患者さんに処方する漢方薬は30種類を超えると思います。2種類を組み合わせて出すことも多いので、組み合わせはさらに増えます。
それで、その人に会った処方を探して組み合わせて出しています。そして季節によって変化する症状にも対応できます。
もちろん漢方薬だけで治るものでもありませんので、西洋薬と併用して西洋薬だけでは手の届かないところをなおしているつもりです。

このように、とても専門的な知識のない人が薬局で買い求められて効果が得られるものではありません。
脈々と受け継がれてきた伝統医学の上に成り立っている学問です。その保険が切られるとなるとその学問は否定されることになります。

仕分けが悪いとは思いませんし、自民党時代に密室で不透明な議論が行われるよりはよほどいいと思います。
しかしあれだけの短時間でたくさんのことを決めてしまうのは無理があると思います。逆によくあれだけの短時間で手際よく決められたと思います。
それは役人の答弁を効いていると何年経っても決まらないと思うのでよいことでしょう。
あとは、細かいところで詰め切れなかったこのような案件に柔軟に対応できれば仕分け作業の質も向上すると思います。
また今回の様に署名作業が反映されるとなると民意が政治に届くことにもなり以前よりもよほど健全なやり方ではないかと思います。

その後私の手元に今日までで700人近い署名が集まりました。

そういう意味でも民主党の先生に良識的な判断をお願いします。
| 漢方 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |