CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 初夏の味覚 | main | トランポリンにゴムまり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
北海道
 今年も去年の続きで東洋医学会に行ってきました。


北海道


大腿骨骨折で入院中のせん妄に対する漢方治療。というタイトルです。

あつかうのはせん妄ですので、精神疾患のカテゴリーですが、整形外科の先生にも知ってもらいたいという想いであえて整形外科のカテゴリーでエントリーしました。


 整形外科で漢方を使う人は少なく、またその多くはクリニックで開業している先生です。私の様に勤務医で手術を主にやっている整形外科医が漢方にくびをつっこんでいるのは異質です。昨年は精神疾患のところで発表していろいろと質問がきたので、それなりに盛り上がりました。今年は2008年と2010年度の対比のデータでしたが、専門的であったので質問も来ず、座長の先生からわずかに質問があった程度でした。


 ○○に△△を使った経験、△△に◎◎が著効した一例と行った報告が多く・・・それがたまたま効いたのか、自然の経過でよくなったのか?思うこともしばしばでまだまだ整形外科のセッションは苦しいなーと実感させられました。


 逆に精神疾患では「抑肝散」が多く取り上げられていました。とりあえず抑肝散を使ってみたら3割は著効、5割はまずまず、2割は無効だった。でなぜ?EBMを重んじる現代医学では統計学的に意味がないとなかなか浸透しません。しかし病態によって処方を変える漢方薬では、西洋医学的な診断だけでは処方が決まらないのでこういうことが起こってきます。その病態に合わせて処方を変えて患者を治すのが醍醐味ですが、それではEBMが成り立たず・・・


 ともあれ、発表は終わり次のステップに目を向けなくては行けません。いつもしんどい中でなんでここまでせなあかんのかなーと心が折れそうになりますが、外に出て周りを見て自分を振り返り自分のたち位置を再確認するとがんばろうと力がわいてきます。ただ整形外科と東洋医学的な知識を共有できる先生が少ないことは残念で、孤独な旅はこれからも続きそうです。


 折角がんばったから自分に御褒美。北海道の味覚を堪能してきました。

| 漢方 | 07:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | pookmark |
コメント
今晩は。
私もしばしば漢方のお世話になりましたが処方も案外難しいし思う以上に副作用もあるみたいですね。
ピタッと症状に合うものが見つけられたらアレルギー体質など改善したいものですが。
精神疾患での漢方薬はこれまたさじ加減が難しそう。
整形外科での漢方もあまり聞きなれないけど是非頑張ってください。
| k-s | 2011/06/24 11:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/94
トラックバック