CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 桜の季節 | main | 初夏の味覚 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
高知で中部日本整形災害外科学会
 中部整形災害外科学会1
高知で中部日本整形災害外科学会が行われました。


中部整形災害外科学会2

高知と言えば、その昔大学受験で訪れた土地でもあります。地元の大学にはとても成績が届かず、親元を離れるとなると坂本龍馬に憧れていた私は高知を選びました。すっかりいくつもりでいたのですが、とても届かなかった地元の大学に受かってしまい現在に至っています。


 姫路から車を走らせること3時間ほどで高知です。まだ姫路は寒く桜もつぼみでしたが高知は満開でした。かるぽーとは新しい建物で立派なホールです。受付は一面のガラス張りでそこから見える満開の桜は圧巻でした。今回は若い先生の発表を見届けるためについて来ただけで私の発表はありません。その発表も無事に済んで後は気楽に見たり聞いたりして回るだけです。



中部整形災害外科学会3

 どうしても行きたいところが桂浜でした。坂本龍馬が眺めて夢を見たというその浜に自分もたってみたいと。学会が引けて夕方その桂浜に向かいました。5時を過ぎていたので駐車場や売店に人気はなく、昼間はにぎやかなのでしょうがその時間は閑散としていました。坂本龍馬像は思ったより大きく、台座も高いので見上げるほどもありました。桂浜に打ち上げる太平洋の荒波は心無しか瀬戸内と違う気がします。また水平線の向こうは遠い国を連想できるので小さな日本の中で何を争っているんだと想うことになるのでしょう。そんな想いを抱きながら桂浜で独り打ち上げる波を眺めていました。



中部日本整災害外科学会4中部日本整災害外科学会5

中部日本整災害外科学会6

 夜は市内に戻って近森病院の先生と親交を深めました。特に同期のN先生を見てるといつもパワフルなので元気が出てきます。おしゃれなイタリアンでワインを傾けて、二次会はレトロなバーで他のグループと合流して新しく知り合った先生ともなんだか熱い握手を交わしました。最後は屋台のラーメンと餃子でしめてホテルのベッドに倒れ込みました。


 翌朝はがんばっておき出して朝からお勉強、折角会場まで自転車で行こうと折りたたみを持ってきてたのですが、あいにくの雨・・・生田先生の教育研修講演では医工連携の話を聞いて今後はこれだなーと。


昼のランチョンセミナーのランチは我慢して街の食堂でランチミーティング。塩たたきが絶品でした。

中部日本整災害外科学会7

最後は坂本龍馬の講演を聴いて満足して帰ってきました。



| 医療 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/92
トラックバック