CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< お友達が来た | main | はちや整形に行って来た。後半 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
はちや整形に行って来た
 昨年 MERI Japan の活動(日本に置ける献体を用いたトレーニングを取り入れる活動)を報告されていた時に話す機会がありました。個人が忙しい業務の傍らそのような活動をしていることは驚きでもあり、一度ゆっくりお会いしたいと思っていました。その後何度が事務局ともやりとりして今回蜂谷先生のクリニックを訪れることになりました。

はちや整形外科_1

  場所は名古屋、駅から地下鉄で20分ほどのところ。
外観は一般的な病院の作りになっています。そしていままでメールのやり取りなど連絡をしていただいていた秘書のKさんに取り次いでいただきました。てきぱきと対応していただけるのは気持ちよく、念願のご対面となりました。先代からの病院を建てまして今の作りになったという外観はきらびやかなものではありません。

はちや整形外科_2

 しかし、病院のシステム、電子カルテ、Medical assistantなど体勢が整っています。いかに効率よく仕事をこなせる様にするかを追求しています。独自で開発した電子カルテは、自ら日々userである医師の要望に応えるべくupdateしています。わたしも今の病院でいろいろ要望は言っていますが、ほとんど聞いてくれたことはありませんので、全く使いやすい代物ではありません。

はちや整形外科_3

それからmedical assistant、医療秘書の存在。医師の仕事は手術だけではありません。手術が終われば、採血をしたり、レントゲンを撮ったり、リハビリをオーダーしたり、化膿止めの注射をしたり、痛み止めを処方したり、多岐にわたります。以前は紙に書いたものをベースにいろいろな治療がなされていました。また手術中に急ぎの事態がおこったときは電話で伝えたことをしてもらうことよくありました。しかしコンピューターが全盛の時代以前はそうやって済ませていたものが「医師が」コンピューターに入力しないと行為がなされないという事態が発生します。医師はコンピューターの専門家ではないので当然手術の合間にコンピューターでオーダーすると間違いが起こりやすいです。そこでまた口で伝えたことと違うと言って電話がかかってきます。そんなこんなで医師がする必要のない業務に追われて忙しいという馬鹿げた現状があります。それをアシストするのが医療秘書の存在です。当院でも3年前から導入して今では外来中に私がコンピューターに触ることはほとんどありません。おかげで処方やレントゲンのオーダーの問い合わせがなくなりました。医師が不足している時代にどうすればよいか→医師に医療業務以外の業務をしないようにするということです。そのあたりがシステマテックによく考えられていました。


 つぎはMERIJAPANの活動です。日本でも屍体によるトレーニングを始めようとするNPO団体です。日本以外の国では一般的ですがなかなか日本では受け入れられていません。医学生の時、ご遺体を解剖して実習を行います。もちろんそれが医学生の知識になる訳ですが、医師という職業は常に勉強して知識、技術をupdateする必要があります。しかし手術は、先輩の手術を見てまねしながら徐々に上手になって行きます。また新しい手術、高度な技術を要する手術、最新の手術はそうはいきません。OJT(on the job training)と言いますが相手がものならいいのですが生身の人間です。後輩を指導する時に全部自分でやってしまえば簡単ですが育ちません。かといって全部やらせてうまく行くはずもなく、途中で修正をかけることが必要なこともあります。上級医はその腕を試されますが、修正できるところを見計らってメスを取り上げてこうやってやるんだということをみせてあげる作業となります。しかしこの行程が献体を用いてできると、とことん指導でき、患者さんの不利益になるなど考えずに済みます。

それを実現するために政府に働きかけている現状を知ることができました。民主党政権になってからだいぶそのあたりは進んだようです。今後の展開に期待です。


さてひとしきり話を聞いて午後からは手術見学をすることにしました。病院の食堂でお昼を頂きます。ボリュームたっぷりのジャージャー麺を頂きました。 専門分野は違うのですが、匠の手術はみているだけできっと楽しい、参考になることは間違いないので楽しみです。後半に続く・・・
| ひまわり法 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/77
トラックバック