CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 骨折治療学会 part 1 前半 | main | 雨の日の過ごし方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
骨折治療学会2
骨折治療学会2010_1学会のブースもヒマワリを前面に押し出しています。夏のお祭りらしい雰囲気ですねー。
 


骨折治療学会2010_2

さて発表が終わって橈骨遠位端のセッションが終わると次はいよいよ勉強会の準備です。

今回はUstreamを使った配信と、skypeでのon line discussionをしたくてその設定に追われました。また私の師匠である田中先生にもコメントをいただきたく、連絡を取って事前に打ち合わせをしたり・・・それからmodel boneを使ったworkshopです。海外では行われているご遺体でのトレーニングが日本ではなかなか難しく、プラスチックの骨でもいいから手術の感覚をつかんでもらおうと今回企画しました。膝蓋腱や筋肉の代わりに手芸屋さんで買ったフェルトを貼付けて代用しました。第2回ひまわりを語る会で内輪で試したことはあったのですが、一般公開するのは始めてです。その準備、打ち合わせ等々てんやわんやでなんとか開始にこぎ着けました。



 最初は症例検討です。今年も墨東病院のI先生に参加いただいて、症例発表、活発な意見を頂戴しました。今年もありがとうございました。一通りの講義を終えて質疑応答をしました。田中先生にもコメントをいただけましたが、なかなか使いこなすところまではいかず、途中でスライドの配信がうまく行かなかったりとごたごた続きでしたがなんとか終わることができました。8時をこえるまでお菓子ひとつで参加した先生には断食の修行の様になってしまい申し訳ないことをしたとおもっています。

骨折治療学会2010_3

ようやく次の立食パーティー会場に移してwork shopです。やっと乾杯の音頭をとって、食べ物をつまみながらモデルボーンの手術です。やはり整形外科たるもの、手術となると血が騒ぐようで、杯を片手に楽しんで遊んでもらえましたと思っています。始めての試みでしたがなんとか使えそうだと思いました。


 この勉強会では、いろいろ欲張って試したのでなかなか完璧にいくことはなかったのですがまずまずの成果が得られたのではないかと思っています。


骨折治療学会2010_4


 会が終わるとちょっとした慰労会。ホテルついてどうやって寝たかはほとんど覚えておらず気がついたら朝になっていました。

 そしてもうひと踏ん張りの学会発表です。2日目の最後のセッションですので家路につく人も多く会場もまばらでした。フロアからの質問もなくもうみんな疲れてきてるのでさらっと終わってしまいました。



そしてようやく暑い夏のイベントが終わりました。

骨折治療学会2010_5


ちょっとゆっくりしたいです。が現実はそうも行かず、、、日曜日の朝から、奥さんが仕事に出て月曜日まで帰ってこないので、3人の子供と家事が待っていました。

| ひまわり法 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック