CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 東洋医学会 名古屋 | main | 骨折治療学会2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
骨折治療学会 part 1 前半
第36回 骨折治療学会


 今年も骨折治療学会に行ってきました。外傷を専門にしている人にとっては、年に一度のお祭りです。今回は自分の発表が2題と、1日目と二日目の間の夜に勉強会を主催したのでチョー忙しく過ごしました。幕張メッセでの開催でしたので、よくよく調べてみると千葉マリンスタジアムのすぐそばです。野球ファンとしては試合を見に行きたかったのですが、今回は諦めて・・・


まずしょっぱなは橈骨遠位端骨折の治療でdragon eyeの発表です。大きな学会で発表するのは始めてでしたのでどんな反応があるのか楽しみでした。dragon eyeはMicronailという髄内釘に追加のオプションとして手背からスクリューを追加するというものです。その機械を設計、開発しようやく完成しました。いまは掌側からのロッキングプレートが全盛の時代ですので、背側の骨片はなかなか捕まえきれないという弱点があります。dragon eyeはそんな骨折型でもうまく固定することができます。ただ技術的には難しいので、習熟を要することにはなります。そのセッショッンもちょうど、単独のデバイスではうまく止まらない場合にどうするかと言うことが発表されており、白熱した議論が交わされました。興味を持ってもらえると言うことはいいことです。


なんとかこの学会に合わせて自分のホームページでdragon eyeの部屋を立ち上げました。学会の準備とともに平行してやってきましたがなかなか時間がないものです。

dragon eyeのロゴも作成してなんとか完成に近くなったのですが少し時間が間に合いませんでした。


まあ何はともあれ発表うまく行ったのでよかったです。

| Dragon eye | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/55
トラックバック