CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 秋祭り | main | JPTEC >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
墨東病院でのWorkshop
 手術の機械がシンプルであればあるほど術中に術者に求められる技術が要求されます。

ひまわり法はピンとケーブルだけのシステムですので、術者の技術にゆだねられる要因は大きいです。


そのために手術手技を紹介することが大事です。

パンフレットは手軽に閲覧できるメリットはありますが、絵と言葉で伝えることには限界があります。


DVDやMovie等のコンテンツは映像で、より多くの情報を伝えることができます。

でも手術なんて教科書やMovieみたからその通りにできるものではありません。

そこで手術の練習が有効です。


海外では、ご遺体を使って手術の訓練をすることは一般的ですが、国内では法的にまだまだハードルが高いです。そこでプラステックの骨を使った手術のトレーニングが手軽です。


今回旧友の都立墨東病院の石井先生のお招きで東京に向かいました。



まずは40分ほどの講義で、一般的な治療との違い、術後成績、合併症を紹介し、成績不良例から治療戦略を立てかたを紹介します。それを実現するために開発した機械や技術の紹介をして、その結果手術の精度が上がっていることを紹介します。


これまでにも手術の経験が多くある先生方でしたので、質の高い質問が多く飛んできました。これもローカルな会のいいところで、多くの人がいるところで質問することは気が引けますが、仲間のいるあいだくらいでは気軽にちょっとしたことも聞けます。そのちょっとしたことが結構criticalなこともあり、自分では何気なくやっていることですが、それなりの必然性があるのだなと気づかされることもあり、双方に取って有益な情報交換になります。またその施設にいる他の先生にもその知識を共有することができるので、技術力の底上げにもなります。


そしてつぎはモデルボーンを使った実践です。

若い先生が主でしたので、骨が目の前にあってドリルとピンを渡されると、もうとめられません。おもむろにバラバラに砕いた骨に立ち向かって行きます。


そこをなだめて、まずは手術を段階ごとに区切って tip & pitfall をお見せしながら、説明してそれに基づいて手技を再現してもらいます。苦労しながらバラバラの骨がだんだん形をなして行き、最終的にきっちり固定することができました。


講演で伝えた内容が、少しは実感してもらえたのではと思います。実際に一緒に手を動かしながら意見交換ができるのでちょっとしたこともたくさん聞けます。

そのちょっとしたことがとても意義のあることもあるので手術法がBrush upしていける要因にもなります。 目をキラキラさせながら一生懸命メモを取る若い先生を見ていると苦労が報われたと思う瞬間です。


手術は一人でできるものではありませんので、施設で手技のsimulationをして、tip and pitfallをshareして頂くとチームとしての技術力の底上げができます。膝蓋骨の粉砕が多く運ばれるような、救命センターや三次救急を受け入れている施設では意義があると思われました。


一仕事終えて一泊したホテルの窓からは朝日に輝く東京スカイツリー。

忙しい中、また明日からがんばろうと思う瞬間です。



| ひまわり法 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:54 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/121
トラックバック