CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 辰年の始まり。Dragon year | main | 別れの季節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お正月
 今年は年末までばたばたとしており、最後の日に手術場を使ってるのは整形外科だけでその手術の数11件。普段は他の科が部屋を使い終わるのをうかがいながら、開いたところで手術を入れてもらうのですが、最後の日は使いたい放題。あっちの部屋で準備をしながらこっちで片付けて、じゃあつぎはそっちね。てな感じでめまぐるしくかけずり回って、テンポよく?手術が片付きました。


お正月1

さて年末は、子供の友達家族とスーパー銭湯に行ってゆっくりしたり、部長の家に招かれて歴代の卒業生と想い出を語り合ったりしました。奥様有り難うございました。そして大晦日はあおせちでも作るかと、ちょこちょこ作り出したらいろいろしてしまいました。




お正月2

黒豆、松風焼き、八幡巻き、栗きんとん、たつくり、伊達巻き、ゆず羹、リンゴ羹、昆布巻き、たたきごぼうと品数はふえていき奥さんも途中から参戦して手分けして作りました。






お正月3さて元旦の日思いついたのは初日の出、それも書写山へと。がんばろう日本的なメッセージがたくさん詰まっていた紅白歌合戦を見るのは恒例行事ですが、そこから朝起きるのはとてもつらかった。5時に起きてなんとか5:30過ぎに家出発、すると書写山のロープウェイの駐車場は人でごった返していました。なんとか日の出ポイントに着いて眺めやすいところに陣取って待つことしばし。あいにくの曇りの予報でしたが、雲の間からご来光を拝むことができました。

今年はまだ喪に服しているので派手にはできませんが一応子供たちともお正月気分を味わいながらおせちを食べてゆっくりとできる・・・・はずでしたが実家のおばあちゃんちに行ったところで、正月早々仕事中にけがをして指ちぎれそうとの連絡。なかなかゆっくりもできないスタートでした。


でも初日の出拝めたからきっといいことあるはず。




| 生活 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/109
トラックバック