CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< B1グランプリin姫路 | main | 辰年の始まり。Dragon year >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ハンズオンセミナーin熊本
 ハンズオンセミナーin熊本 1さて今年の最後の遠征です。西日本整形災害外科学会でハンズオンセミナーをさせて頂くことになりました。初めて参加する学会です。博多まではよくいく機会はありますが、それより南は行った記憶がありません。今回はひとりで参加するので 以前購入したブロンプトン(折り畳み自転車)を連れて行くことにしました。スーツとバックパックと自転車でこんな感じ。


ハンズオンセミナーin熊本 2初めての九州新幹線さくらです。2列シートでひかりレールスターと同じ作りで座席はゆったり。木目調で落ち着いた雰囲気で、揺れも少ない気がします。最後のチェックにとPCを広げましたがついうとうととするうちに着いてしまいました。東京に行くよりも近いです。



 また今年の夏、熊本の南の方から当院へ見学にいらしたN先生とも再会する約束をいたしました。先日いらした目的は私のボスの手術を見学するためでしたが、私のやっていることにも興味を持って頂きました。人の輪は思わぬところで広がるものです。無口な先生でしたが、夜焼き肉やでご一緒した時に、夏休みはモルジブに行ってロウニンアジを釣りに1週間舟に乗って追いかけるんだという話をするときが少年のような目で話されるのが印象的でした。その先生との再会も楽しみです。


ハンズオンセミナーin熊本 3

 さて熊本につくとすっかり日も暮れかけて新しい新幹線の駅のまわりはまだ開発途中という感じ。早速ブロンプトンを組み立ててiPhoneを装着するとカーナビ付きのイギリス製の外車があっという間に完成。ホテルに荷物を置いて熊本城に行ってみることに。知らぬ夜道もナビがあればすいすい。熊本城は夜間ライトアップされていて今日まで夜間の入場もできますということで何とも白と黒のコントラストが美しい天守閣が闇に浮かび上がっています。しかし気がつけばN先生と再開を果たす時間が迫っています。急いで待ち合わせの場所にナビってもらいました。熊本と言えばからしレンコンと馬刺は知っていましたが、人文字ぐるぐるなるものがお皿に載っています。ワケギをさっと湯がいてぐるぐる巻いたものらしいです。また幻の大吟醸も頂きました。そして驚くことにN先生もbromptomを持っているとのこと、貧乏学生の時にご飯に苦労した話、ベランダでバジルを栽培したことなど意外な共通点を見つけることができました。

ハンズオンセミナーin熊本 4


ハンズオンセミナーin熊本 5ハンズオンセミナーin熊本 6翌日朝はゆっくりと見れなかった熊本城にお昼休みに足を伸ばしました。建物は西南戦争で焼けてしまったのですが石垣は残っています。美しい石垣のライン向こうに天守閣が鎮座するのは圧巻です。ここに本文を記入してください。



ハンズオンセミナーin熊本 7

さて昼からはいよいよセミナーです。中野先生に座長をして頂いて会は始まりました。まずはコンセプトと分類、評価方法、trouble shootingの方法、手術の実際、基礎データと30分で駆け足で説明。質疑応答もありましたが、早速work shopへ。若い先生たちの熱い視線を受けながらステップバイステップに手技を伝授していきます。ハンズオンのいいところはすぐ隣りで教えることができるのでちょっとした疑問のやり取りがしやすいことです。そうすると普段は何気なくやっていた手技が、意義のあるものであると再認識できることもあります。回を重ねるごとに、こちらも勉強させて頂くことが発見できます。そして、めでたく3つのヒマワリの花が会場にさきました。今度は九州のどこかの病院でバラバラになったひまわりに割いてくれる日を願います。


ハンズオンセミナーin熊本 8会が終わって中野先生と席を持ちました。外傷、骨折治療について熱い想いを持っておられることに感銘いたしました。部位別のspecialityをついつい標榜しがちな整形外科医ですが、私もやはりtraumatologyを極めたいと再認識いたしました。最後に熊本城のお堀をバックに記念写真を撮って頂きました。本当にいろいろとサポートしてくださり有り難うございました。



ハンズオンセミナーin熊本 92年後には骨折治療学会を主催されるそうで、その時に再会することを誓って会場を後にしました。さて駅まではまた自転車です。路面電車と競争しながら駅には一歩先につきました。タクシーでは味わえない景色をいっぱい楽しむことができました。ちょっと重かったけどBromptom君ありがとう。


| ひまわり法 | 16:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:15 | - | - | pookmark |
コメント
良いリフレッシュ、いやいやセミナーができましたね(笑)

それにしても先生パワフルやわ。ちょっとした合間にサイクリングしようとか思える心がパワーの源かなぁ。それと健康ね。

ところで先生、バレーのあの選手に似てる?
| k-s | 2011/11/30 9:37 AM |
k-sさんいつもコメント有り難うございます。

学会に行ってもタクシーの移動だけでは味気ないと思ってたのですが、自転車で大正解。現地の移動はすべて自転車で快適でしたよー。といってもきっと夏はNGですね。

人相はよくないので野球選手の江夏と言われてたことはありますが・・・
| まるちゃん | 2011/12/01 10:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://maruchan-doc.jugem.jp/trackback/106
トラックバック