CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2012日整会
 日本整形外科学会で京都に行ってきました。


昨年、大震災の影響で学会が自粛されたので、2年ぶりの開催ということもあり参加者も多かったです。京都ということで一方堂のお茶と和菓子が提供され、御手洗団子が配られて中庭の庭園を眺めながら和むことができました。



整形外科の中での外傷の位置づけは低く、外傷のセッションは少なくさみしかったのですが、あえて普段はまず聞かないセッションにかを出し、ずいぶんと細分化された分フィールドが違えば、理解できない世界になりつつあるなと。


その中で文化講演に、京都にゆかりのある文化人として茶道裏千家家元の千玄室先生の話をききました。

89才で病院にかかったことも少ないのは、 母親の胎内から茶を飲んで育ったので緑の血が流れていると豪語される老人はとてもそのおとしには見えない。おっしゃられる言葉は最もで、伝えたい話はシンプル。


茶は心を癒す。という千の宗家の言葉は重い。

茶野ゆかり、歴史、栂尾の茶 醍醐、宇治と広がった話。

仏教と結びついて茶を頂いたのが古来。

三法印 諸行無常、諸行無我、 涅槃寂静の話。


でも伝えたいのは一歩ひいて敬う心。和敬清寂の千利休の教えは、日本人に忘れがちな心を殺伐とした日常には忘れ去られていた教えです。実践するのは難しいのですが、ちょっとイラットした時にふと立ち止まって思い出すのにいい言葉を頂きました。


昼下がりの一番眠くなる時間帯に1時間の講話は、寝る暇もなくあっという間にすぎていきました。


そのあとの自分の発表は「ちいさい」ことを議論している様に思えてしまい・・・。

まあそれでも自分がやっていることの妥当性を確認するため、ある程度の情報はupdateする必要があります。


しかし若い先生が単位を集めるために会場を奔走している様子がなんだかなーという感じで。


さてさてこれが終われば、骨折治療学会のランチョンセミナーの大役を頂いたのでその準備にかかります。


| 医療 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
AL tibia plate
 足関節前方の関節面の再建を必要とする下腿遠位の骨折、AO43B,Cには前方からのよいデバイスがなかったので、苦労していた。


 つい最近若い男性の墜落外傷。足一本で体を支えたので外力が足関節に集中した。他院から紹介になりましたが、over nightでしっかり水疱形成。骨折型はAO43,B3-1前方の骨片が遠位に転位しているタイプで、腓骨も足関節レベレルで粉砕しています。staged surgeryにするなら初日に腓骨をとめたいところですが、泣く泣く創外固定で待機。1週間でようやくメスを入れれる状態に。


さて戦略ですが、

1、open reduction+髄内釘

2、open reduction+髄内釘+腓骨プレート

3、腓骨プレート+脛骨内側プレート、前外側からのスクリュー

4、腓骨プレート+脛骨前外側プレート

5、腓骨プレート+脛骨前外側プレート+脛骨内側プレート

6、創外固定で粘る

7、イリザロフに換える

8、その他


等のオプションが考えられますが、創外固定で粘るのは性に合わないのでない固定材料を全部揃えて出陣。


創外固定を外してみると、結構バラバラ。nailかプレートどっちにしても腓骨の修復は必須だったので腓骨はプレートをすることに決定。前外側のコーナーがとんでいたのでそこは見に行くことにして前外側に皮切をおいて手術開始。あわよくばそこで全部できないかなと。レジデントのぼそっと言った意見とも一致したのでそこから開始。


外側コーナーは結局前内側にまでずれていたので、外側を見てから、伸筋腱と一緒に神経血管を今度は外側によけて、骨片を引きずり出して元の位置にもどすとようやく解剖学的に整復可能。さて固定材料ですが、nailする人はここからでも前方骨片をスクリューで固定するんだろうけど、今回用意したのがSmith and Nepheuのantero-lateral plate。いままではconventional plateのmannsonnのプレートを使っていたのですがbulkyなので伸筋支帯が修復できないことになっていました。


まずはそこからちょっと外側に回って腓骨の遠位を止めて近位は滑り込ませてMIPOで固定。脛骨はS&Nのプレートで骨片をbuttressに押さえ込んで、骨膜下に滑り込ませて近位はMIPO。内側の大きな楔状骨片はplate越しにlag screwで引き寄せることでよい整復位と固定性が得られました。このシステムはひとつの穴からlocking screw cortical screw cancellouse screw が使えること、さらにtemporaryのハーフピンで仮整復操作ができるので捨てネジを使わなくて済むということです。また日本人用に小さいサイズをそろえているのでfittingも良好です。


AL tibia plate


結局antero lateralの皮切を内外側に動かして内側と外側の窓から整復内固定操作、double platingができました。もちろん伸筋支帯もきれいに修復できました。術後の腫れも比較的ましで回復も早いようです。


今後もいろいろと応用できるような気がします。


| 医療 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
骨折治療学会 in Yokohama
20110718_1

 今年も骨折治療学会に行って来ました。自分の発表と後輩の発表が二つの合計3つ。時節柄海外からの先生も事前のキャンセルが多く、、


さてさて、あまり顔を出さない大腿骨近位部のセッションです。特に困ることが少なく、世間で言われている合併症としてのカットアウトもほぼ皆無で。世の流れとして10mm以上のテレスコーピングを起こす症例の検討を行ってるのですが、まあそれくらいは許容して内在応力を逃がすというコンセプトだから、、、それよりも回旋転位を問題とする報告もちらほら。二次元の世界では詳細がわからないから三次元のデータCT での解析が主流になる率津ある。結局チーズカットは最後の最後で、まわってるんじゃない?


今年もヒマワリ法で発表ですが、前に田島先生が発表してくれてちょうど美味しい展開に。しかしひまわりやった人くらいしか質問ができない雰囲気になってしまい座長の先生がまとめてくれて助かりました。松末先生ありがとうございました。


最後は一番最後のセッションでみんな家路に着くなか仲間うちだけの発表。症例提示だけですのでそれ以上の議論もしようがなく、人工物が緩んでたらいれかえ、緩んでなかったらcable plate or Locking plate、hip kneeともにLCP DFがひっくり返して大転子から当てることも含めて有用との意見。


暑い夏のお祭りは終わりました。

最近横浜で学会に来ることが多く、会場からはちょっと離れるのですが海と山下公園が見えるホテルにしています。神戸で生まれ育ったので、朝起きた時に海が見えるとほっとします。


20110718_2

| 医療 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高知で中部日本整形災害外科学会
 中部整形災害外科学会1
高知で中部日本整形災害外科学会が行われました。


中部整形災害外科学会2

高知と言えば、その昔大学受験で訪れた土地でもあります。地元の大学にはとても成績が届かず、親元を離れるとなると坂本龍馬に憧れていた私は高知を選びました。すっかりいくつもりでいたのですが、とても届かなかった地元の大学に受かってしまい現在に至っています。


 姫路から車を走らせること3時間ほどで高知です。まだ姫路は寒く桜もつぼみでしたが高知は満開でした。かるぽーとは新しい建物で立派なホールです。受付は一面のガラス張りでそこから見える満開の桜は圧巻でした。今回は若い先生の発表を見届けるためについて来ただけで私の発表はありません。その発表も無事に済んで後は気楽に見たり聞いたりして回るだけです。



中部整形災害外科学会3

 どうしても行きたいところが桂浜でした。坂本龍馬が眺めて夢を見たというその浜に自分もたってみたいと。学会が引けて夕方その桂浜に向かいました。5時を過ぎていたので駐車場や売店に人気はなく、昼間はにぎやかなのでしょうがその時間は閑散としていました。坂本龍馬像は思ったより大きく、台座も高いので見上げるほどもありました。桂浜に打ち上げる太平洋の荒波は心無しか瀬戸内と違う気がします。また水平線の向こうは遠い国を連想できるので小さな日本の中で何を争っているんだと想うことになるのでしょう。そんな想いを抱きながら桂浜で独り打ち上げる波を眺めていました。



中部日本整災害外科学会4中部日本整災害外科学会5

中部日本整災害外科学会6

 夜は市内に戻って近森病院の先生と親交を深めました。特に同期のN先生を見てるといつもパワフルなので元気が出てきます。おしゃれなイタリアンでワインを傾けて、二次会はレトロなバーで他のグループと合流して新しく知り合った先生ともなんだか熱い握手を交わしました。最後は屋台のラーメンと餃子でしめてホテルのベッドに倒れ込みました。


 翌朝はがんばっておき出して朝からお勉強、折角会場まで自転車で行こうと折りたたみを持ってきてたのですが、あいにくの雨・・・生田先生の教育研修講演では医工連携の話を聞いて今後はこれだなーと。


昼のランチョンセミナーのランチは我慢して街の食堂でランチミーティング。塩たたきが絶品でした。

中部日本整災害外科学会7

最後は坂本龍馬の講演を聴いて満足して帰ってきました。



| 医療 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MIOS APEC 2
 APEC中のMIOS


中国との関係が微妙なご時世にAPECが横浜で開催されました。それはいいんだけど今回発表するMIOSがそれの目と鼻の先の会場ではないか!会場周辺の地図には警戒地区とかいてあり、なんだか・・・

MIOS APEC 2


さてMISとはMinimal invasive surgeryすなわち同じ手術をするにもより少ない侵襲で行うことを目指すものです。以前は傷の大きさに重点を置いた発表も多かったのですが、それよりも傷の下にある筋肉や骨以外の組織をいかに大切に扱って同じ手術が出来るかというところに論点は移ってきました。すなわち外科医の自己満足から、より患者に優しい、より術後の成績に直結する議論へとシフトしてきました。これは誠に喜ばしいことです。という訳でここにくる人々はその道でもこだわった人、普通の手術では満足できない人たちですのでワンランク上の議論がなされます。MISの技術はあらゆる方面で応用されています。今回はひとつの会場でしたので、普段はひとつの会場で一緒にならない違う分野の人が集まったので興味深い話が聞けてよかったです。


さて私の発表はと言えばMIS ヒマワリです。MISを「ミス」と呼ぶと軽い感じがするのであえて「エムアイエス」と呼ばれることが多いのですが、ヒマワリの場合はあえて「ミス」と呼んだ方がしっくりくるので「ミスヒマワリ」と呼んでいます。それはさておき、膝蓋骨お皿の骨を小さい傷で治そうというのは難しい話です。通常の機械では小さい傷から操作することを念頭に作られていないので無理です。外科医の腕でどうこうなるものではありません。そこでそれを可能にする機械が必要になります。今回は3点セット。ひとつ目は簡単に言うと傷の奥の見えないところで穴にケーブルを通す機械。糸通しのようなもの。しかしこれは実用レベルではなく、抄録に書いてしまったので見せるだけ。

 二つ目はケーブルを締め上げる機械。手で引っ張ってもそんなに力がかからないので機械で緊張をかけるのですが、見えない奥の方でも緊張をかけられる様に改良しました。またこれはふつうに大きく切ってする時にも有用な機械です。またケーブルを締め上げることは外のところでもあり、いろいろ応用ができそうです。

 三つ目は締め上げたブロックを握りつぶして固定するものです。リペットをつぶしてケーブルを固定するイメージです。ただこのこのブロックは四角ですが筋肉の中に埋まり込んでいてはとても操作がしにくいのですが、握るつぶす道具の真ん中に穴をあけるとピンのお尻を滑らせてブロックまで誘導できるのでとても便利です。ちょっと穴をあけるだけなのですが、全然操作性が違います。コロンブスの卵的な発想です。

という三つの機械をセットにして発表してきました。まだまだひまわり法自体が普及していないところにMISを持ち出したものですから会場からは質問すらでず、座長の先生ももちろん手術をしたことはないはずなのでわからないまま終わることになりました。という訳で自己満足的な発表になりましたが、時代の一歩先を歩いておくための発表ということで、、、HPにも紹介してるので


MIOS APEC 2

さて一歩街に出ると警官がうじゃうじゃいるのです。別に悪いことをした訳ではないのですが、なんだか重い空気が流れています。日本各地から呼び出されたのか各地の警察の服を見ることができました。装甲車かく交差点に配備されるような感じで物々しいです。


MIOS APEC 2ふと学会会場の前を見ると自転車屋さんが。Green Cycle Station なんだかこだわりの感じ。もともと折りたたみの自転車が欲しくてふらっと入ってしまいました。Britishな緑の折りたたみ自転車が。it’s cool!よく学会に出張するのですが、駅やホテルからタクシーを使うと結構いい値段になります。それが2、3日にわたると馬鹿にならないもので。持って行けなくてもホテル送ってそれで移動できたらいいのになーと。送料だけでタクシー代のもとが取れることもあるかと。さてそこでは試乗もさせてもらいました。のりごこちはママチャリ以上で快適。ちょっとした坂道も全然問題なく、町乗りには快適。やっぱりせっかく訪れた町を堪能するにはいろんなところをうろうろしたいじゃないですか?山下公園を走り抜けるだけでも爽快。これはお金うんぬんではなく、訪れた町を探索するには不可欠だなと確信しました。ショップの方も親切に説明してくれて、愛情を込めて自転車を売ってる感じがよくて決して安くはないものを思わず衝動買いしてしまいそうでしたが、tune upして渡すので1週間は欲しいとのことでぐっとこらえて、ちょっと調べてからにしようと。横浜を後にしました。

MIOS APEC 2


| 医療 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>