CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
墨東病院でのWorkshop
 手術の機械がシンプルであればあるほど術中に術者に求められる技術が要求されます。

ひまわり法はピンとケーブルだけのシステムですので、術者の技術にゆだねられる要因は大きいです。


そのために手術手技を紹介することが大事です。

パンフレットは手軽に閲覧できるメリットはありますが、絵と言葉で伝えることには限界があります。


DVDやMovie等のコンテンツは映像で、より多くの情報を伝えることができます。

でも手術なんて教科書やMovieみたからその通りにできるものではありません。

そこで手術の練習が有効です。


海外では、ご遺体を使って手術の訓練をすることは一般的ですが、国内では法的にまだまだハードルが高いです。そこでプラステックの骨を使った手術のトレーニングが手軽です。


今回旧友の都立墨東病院の石井先生のお招きで東京に向かいました。



まずは40分ほどの講義で、一般的な治療との違い、術後成績、合併症を紹介し、成績不良例から治療戦略を立てかたを紹介します。それを実現するために開発した機械や技術の紹介をして、その結果手術の精度が上がっていることを紹介します。


これまでにも手術の経験が多くある先生方でしたので、質の高い質問が多く飛んできました。これもローカルな会のいいところで、多くの人がいるところで質問することは気が引けますが、仲間のいるあいだくらいでは気軽にちょっとしたことも聞けます。そのちょっとしたことが結構criticalなこともあり、自分では何気なくやっていることですが、それなりの必然性があるのだなと気づかされることもあり、双方に取って有益な情報交換になります。またその施設にいる他の先生にもその知識を共有することができるので、技術力の底上げにもなります。


そしてつぎはモデルボーンを使った実践です。

若い先生が主でしたので、骨が目の前にあってドリルとピンを渡されると、もうとめられません。おもむろにバラバラに砕いた骨に立ち向かって行きます。


そこをなだめて、まずは手術を段階ごとに区切って tip & pitfall をお見せしながら、説明してそれに基づいて手技を再現してもらいます。苦労しながらバラバラの骨がだんだん形をなして行き、最終的にきっちり固定することができました。


講演で伝えた内容が、少しは実感してもらえたのではと思います。実際に一緒に手を動かしながら意見交換ができるのでちょっとしたこともたくさん聞けます。

そのちょっとしたことがとても意義のあることもあるので手術法がBrush upしていける要因にもなります。 目をキラキラさせながら一生懸命メモを取る若い先生を見ていると苦労が報われたと思う瞬間です。


手術は一人でできるものではありませんので、施設で手技のsimulationをして、tip and pitfallをshareして頂くとチームとしての技術力の底上げができます。膝蓋骨の粉砕が多く運ばれるような、救命センターや三次救急を受け入れている施設では意義があると思われました。


一仕事終えて一泊したホテルの窓からは朝日に輝く東京スカイツリー。

忙しい中、また明日からがんばろうと思う瞬間です。



| ひまわり法 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第128回北海道整形外科外傷研究会
 久々の更新


ばたばたしてたのでなかなか更新できませんでしたが・・・


9/7に北海道整形外科外傷研究会に呼ばれてランチョンセミナーを行うことになりました。土田先生に呼んでいただき、座長は愛知海南病院の高田直也先生です。発表のラインナップを見ると北海道だけではなくそうそうたる面々が・・・


そして土田先生から注文がありました。それは、昨年オンラインセミナーをさせて頂いたのですが、audienceはかぶるので内容がかぶらない様にということ。さてどうしようということで、手術中に行っている手技が、術後のレントゲンに反映されるかを数字で表すことにしました。術前の悪い状態を如何ににもとの状態に近づけてそれを保持するかが手術の鍵になります。そこで古いレントゲンを引っ張り出していろんな角度や距離を測りました。結構骨の折れる作業でしたが予想通り面白い結果が出てきました。


それは当日のお楽しみ。


大好きな夏も終わりにさしかかり実りの秋の到来です。


北海道整形外科外傷研究会
| ひまわり法 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひまわりの旅 山形

4月から救急部が本格活動。


 毎日の様に救急患者が運ばれてきます。以前より重傷患者さんも増えました。

我々の仕事も増えています。


今年はひまわりの旅です。6月に山形で東北整形災害外科学会があります。

そこでハンズオンセミナーです。東北と言えば3年前に盛岡でセミナーを行いました。

震災前の当時、大船渡の先生が座長でセミナーを行い若い先生を中心に盛り上がった記憶があります。その後徐々にその地方で広がっていったようです。今度はその日本海側の山形での開催。インストラクターとして都立墨東病院の石井桂輔先生を招きました。久々の再開も楽しみです。年々進化を遂げるひまわり法の技を広めに行ってきます。


| ひまわり法 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
骨折治療学会
骨折治療学会が終わりました。


今回は折りたたみバイクを持ってきました。東京から新宿までの距離感がわかってなかったので、直線で8kmならなんとかなるかと東京駅を出発。皇居がそんなに近くにあるとは知らず、またその周りをすごい数の人がランニングしてる姿も異様であり、方向性があるのでしょうが逆走している私はかなり違和感を覚えました。少しアップヒルな道を進めば新宿御苑にちょっと迂回しようとして道に迷いましたが40分ほどで京王プラザホテルに到着。いい運動になりました。




 さて初日はランチョンセミナーでひまわり法の総括。座長に糸満先生を迎えての講演でした。スライドが多かったので前半飛ばしすぎてゆっくり説明できてなかったのが反省。気がつくと2/3を終えて30分。そこからスローダウンしてちょっとしたネタを話しながら、15分余して講演終了。質問がなければどうしようと思いましたが、フロアからは批判的な意見もちょうだいし、手術の実際の込み入った質問までいろいろとありました。どれも想定内の質問でしたのでうまくまとめることができました。


 その日は神戸大学の外傷グループの集まり。岡大系列で演題が10%を超えたと話題になっていたのですが、神戸大学も負けるわけにはいかないとみんなでグラスをあわせました。


翌朝はバイクを、連れて周りをお散歩。朝日がまぶしい都庁がそびえ立つ摩天楼の間をふらふらポタリング。2週間前にバイクを調整してもらったので快適に走ります。



 そしていよいよ主戦場に、昨年までうちに在席していた先生の発表です。3人とも集合したので、準備が大変でしたが、なんとかうまくまとめることができました。無事に発表が終わったところで後は新製品の情報を仕入れたり、製品開発の打ち合わせをしたりと実務的な話し合いもできました。分単位のスケジュールで新宿を後にしてバイクにまたがり東京駅まで。今度はダウンヒルな道でしたので20分ちょっとで到着。お土産とお弁当を買って新幹線に飛び乗りました。


| ひまわり法 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハンズオンセミナーin熊本
 ハンズオンセミナーin熊本 1さて今年の最後の遠征です。西日本整形災害外科学会でハンズオンセミナーをさせて頂くことになりました。初めて参加する学会です。博多まではよくいく機会はありますが、それより南は行った記憶がありません。今回はひとりで参加するので 以前購入したブロンプトン(折り畳み自転車)を連れて行くことにしました。スーツとバックパックと自転車でこんな感じ。


ハンズオンセミナーin熊本 2初めての九州新幹線さくらです。2列シートでひかりレールスターと同じ作りで座席はゆったり。木目調で落ち着いた雰囲気で、揺れも少ない気がします。最後のチェックにとPCを広げましたがついうとうととするうちに着いてしまいました。東京に行くよりも近いです。



 また今年の夏、熊本の南の方から当院へ見学にいらしたN先生とも再会する約束をいたしました。先日いらした目的は私のボスの手術を見学するためでしたが、私のやっていることにも興味を持って頂きました。人の輪は思わぬところで広がるものです。無口な先生でしたが、夜焼き肉やでご一緒した時に、夏休みはモルジブに行ってロウニンアジを釣りに1週間舟に乗って追いかけるんだという話をするときが少年のような目で話されるのが印象的でした。その先生との再会も楽しみです。


ハンズオンセミナーin熊本 3

 さて熊本につくとすっかり日も暮れかけて新しい新幹線の駅のまわりはまだ開発途中という感じ。早速ブロンプトンを組み立ててiPhoneを装着するとカーナビ付きのイギリス製の外車があっという間に完成。ホテルに荷物を置いて熊本城に行ってみることに。知らぬ夜道もナビがあればすいすい。熊本城は夜間ライトアップされていて今日まで夜間の入場もできますということで何とも白と黒のコントラストが美しい天守閣が闇に浮かび上がっています。しかし気がつけばN先生と再開を果たす時間が迫っています。急いで待ち合わせの場所にナビってもらいました。熊本と言えばからしレンコンと馬刺は知っていましたが、人文字ぐるぐるなるものがお皿に載っています。ワケギをさっと湯がいてぐるぐる巻いたものらしいです。また幻の大吟醸も頂きました。そして驚くことにN先生もbromptomを持っているとのこと、貧乏学生の時にご飯に苦労した話、ベランダでバジルを栽培したことなど意外な共通点を見つけることができました。

ハンズオンセミナーin熊本 4


ハンズオンセミナーin熊本 5ハンズオンセミナーin熊本 6翌日朝はゆっくりと見れなかった熊本城にお昼休みに足を伸ばしました。建物は西南戦争で焼けてしまったのですが石垣は残っています。美しい石垣のライン向こうに天守閣が鎮座するのは圧巻です。ここに本文を記入してください。



ハンズオンセミナーin熊本 7

さて昼からはいよいよセミナーです。中野先生に座長をして頂いて会は始まりました。まずはコンセプトと分類、評価方法、trouble shootingの方法、手術の実際、基礎データと30分で駆け足で説明。質疑応答もありましたが、早速work shopへ。若い先生たちの熱い視線を受けながらステップバイステップに手技を伝授していきます。ハンズオンのいいところはすぐ隣りで教えることができるのでちょっとした疑問のやり取りがしやすいことです。そうすると普段は何気なくやっていた手技が、意義のあるものであると再認識できることもあります。回を重ねるごとに、こちらも勉強させて頂くことが発見できます。そして、めでたく3つのヒマワリの花が会場にさきました。今度は九州のどこかの病院でバラバラになったひまわりに割いてくれる日を願います。


ハンズオンセミナーin熊本 8会が終わって中野先生と席を持ちました。外傷、骨折治療について熱い想いを持っておられることに感銘いたしました。部位別のspecialityをついつい標榜しがちな整形外科医ですが、私もやはりtraumatologyを極めたいと再認識いたしました。最後に熊本城のお堀をバックに記念写真を撮って頂きました。本当にいろいろとサポートしてくださり有り難うございました。



ハンズオンセミナーin熊本 92年後には骨折治療学会を主催されるそうで、その時に再会することを誓って会場を後にしました。さて駅まではまた自転車です。路面電車と競争しながら駅には一歩先につきました。タクシーでは味わえない景色をいっぱい楽しむことができました。ちょっと重かったけどBromptom君ありがとう。


| ひまわり法 | 16:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/5PAGES | >>