CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2014 元旦
元旦


2013年は、変化の年。 
病院のスタッフが増員になったこと。 
救命センターがopenしたこと。 

結果として手術は年間1000件超えたこと。 
いろんなところに講演に行けたこと。 

新しいスタッフに日常業務でshareできることはして、その結果自分の時間生まれてきます。
その時間を成果にする必要があります。それなりの成果にはなりましたがまだまだです。

ようやく軌道に乗り出したので、今年は一気に加速して行きたいものです。 


初日の出を拝みながら、心を新たにがんばって行きたいです。
| うちの病院紹介 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
JPTEC
今日は当院ではじめて院内向けのJPTECの講習を開催。病院前の外傷の初期治療のコースです。ドクヘリ等の活動で必要になってくる技術です。 

MCは磯部先生にお願いしたのですが、早いところインストを増やして行きたいですね。 

それにしても前日は骨盤骨折と内臓破裂と下顎骨折の緊急手術が終わったと思えば、次にまた骨盤骨折の出血性ショック。最初に搬送された病院で手に負えず、転院搬送されたのですが、厳しい状態でのバトンタッチはつらい。 

そしてコース当日も朝から重度四肢外傷の搬送、救肢は難しく、やむなくあきらめて切断することに。今回はテスト参加にて、空き時間に他の応援メンバーが到着するまで手術室で出血コントロールしてバトンタッチしたところでコースに復帰。 それからも救急外来を覗けば、いろいろと整形外傷が・・・そしてコースが終わる頃に整復不能の足関節骨折。昨日からオペ室にこもってるので当番のオペ室ナースも大変。他の科が緊急手術に上がったところで、ERで麻酔下の整復。結局開窓して骨を直接操作しないと整復できず。難しい骨折でした。 

さてコースの方は無事に皆さん合格。 

いよいよ野戦病院みたくなってきました。が質の向上も目指さないといけませんね
| うちの病院紹介 | 17:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
救命センターオープン
救命センターオープン0

 いよいよ3月に救命センターがopenして、4月から救急医が10人体制になりました。そして整形外科のスタッフも一人増えて6人で新たな船出です。


西播磨地区において、救急の受け入れがスムーズにできる様に期待をになって。

新品の建物は調光がよく、救急車が到着する部屋もなんだか明るい。

でもまだまだ、どこに何があるかわからず、人もどうやって動いていいか手探り。


救命センターオープン2

これから建物に魂を吹き込んで行く作業です。


救命センターといっても姫路には循環器病センターがあり心臓発作はそちらに運ばれます。小児救急は姫路日赤に集約され、残る問題は外傷。今までは救急部の先生が一人だけでしたので重傷外傷は手に負えなかったのですが、これからはなんとかして行きたいです。


そこで外傷に大きく関わるのが整形外科です。救急部の先生と手を取りながら最善の医療を提供できる様になることを願って。

まずは勉強会を始めてみんなの走る方向を定めたいと思います。


救命センターオープン

第一回の勉強会は盛況で部屋に人があふれて立ち見が出るほどに・・・

いろんな部署からいろんな人がやって来て、熱気に包まれていました。


その期待を裏切らない様に・・・走り出したら止まらない様に、がんばりたいと思います。


| うちの病院紹介 | 19:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
別れの季節
 別れと出会いの季節。


久々の更新です。 

別れの季節

春は別れと出会いの季節です。毎年当院で1年間の研修を終えてレジデントの先生が巣立っていきます。極力雑用を減らすために業務を効率化して、たくさんの症例を勉強し、学会や研究会に多く参加できる様にしています。今年は2年契約できてくれていた他大学からの先生も一緒に巣立つことになりました。数々の伝説を残して去っていった彼女は人々に笑顔をもたらしていました。きっとその伝説は人々の記憶に残ることになるでしょう。

 

 ここでは、ちょっとでも今の現状を改善しようと治療に工夫を凝らしたり、新しい知見はないかと探索したり、日々努力しています。教科書に書いてないこと、時代をリードすること、実は知られてないけど成績がいいこといろんな宝箱が転がっています。それらを見つけてたくさん拾って、消化して(消化不良もあるけど・・・)巣立ってくれたと思います。体力的にも知力的にもきついところはあったと思いますが、すごく濃密な時間を過ごせたんじゃないかと思います。ここで消化したことがいつか花開いてくれることを期待して、またそれを楽しみに眺めるのが一緒に過ごした私の楽しみでもあります。


 そして4月また新しい先生がやってきました。たぶんここはしんどいという噂があると思うので、それなりの覚悟で乗り込んで来たようです。まあそんなに最初から肩を張らなくてもぼちぼち行こうよ。まだ始まったばかり。


| うちの病院紹介 | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
病院名変更
 さてこの4月から病院名が変更になりました。
製鉄記念広畑病院

2年後の救命センター化をふまえて、 今までの「新日鉄」の病院からより公益性の高い社会医療法人になり、新日鉄の名前を外して「製鉄記念広畑病院」として出発します。


業務内容が変わる訳ではないですが、公式文書等の「新日鐵広畑病院」を新しい名前に変える作業が結構大変です。また4月は異動の時期一年の研修を終えてまた若い先生が巣立っていきました。一年間しんどい思いをしたと思いますがきっと将来役に立つ経験ができたのではないかと思います。


しかし4月になるというのになかなか暖かくならず、桜の花が咲くのもいつのことやら・・・

| うちの病院紹介 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>